Rosemont(ロゼモン)、Rosemont Nostalgia、Rosemont Back In Time、ZENO-WATCH BASEL、FHB Classicなどのスイス製腕時計を取り扱うオンラインストア「PEAKS STORE」の公式ブログです。キャンペーン情報や新商品のご案内など、最新情報をお届けいたします。

時計にまつわるストーリー
最新コラム記事のご案内|Rosemont Nostalgia Collectionを徹底紹介!

最新コラム記事のご案内|Rosemont Nostalgia Collectionを徹底紹介!

  女性の手もとを美しく見せる直径30mm前後の絶妙なサイズ感と 凛としたデザインで人気のRosemont Nostalgia Collection♡     年齢やファッションスタイルを問わず、 幅広い層のお客様にご愛用いただいています!     TVや雑誌などで最近目にした方も多いのでは?   そんな大人気のRosemont Nostalgia Collection。 人気の秘密は、実は「絶妙なサイズ感」と 「ノスタルジックなデザイン」だけではないんです…!   Rosemont Nostalgia Collectionの 最大の魅力とは…??   今回のRosemontコラム記事では、 Rosemont Nostalgia Collectionの魅力を 徹底的にご紹介しています!   ぜひぜひご一読ください♡       Rosemont Official Website コラム記事 『自分好みの組み合わせが楽しめる! Rosemont Nostalgia Collectionを徹底紹介!』   http://www.rosemont-swiss.com/column/journal/4312/
Rosemontのゴールドカラー...実は1色ではなかった!?

Rosemontのゴールドカラー…実は1色ではなかった!?

Rosemontのゴールドカラーには、発色が鮮やかなイエローゴールドカラーと、 上品な色味のアンティークゴールドカラーがあるのをご存知ですか? シリーズによって、そのデザインにぴったり合うゴールドの色味を追求し、 何度も試作を重ね、こだわり抜いてカラーを決めています。   写真のモデルは左から、RS#39-01 MT、RS#31-01 MT、RS#5-01 MT、RS#38-01 MT。 アンティークの雰囲気たっぷりのRS#39とRS#38にはアンティークゴールドを、 アクセサリーライクなラグジュアリーモデルのRS#31とRS#5には 艶やかないイエローゴールドカラーを使用しています。   ぜひ、店頭に立ち寄られた際には、その微妙な色の違いを確かめてみてくださいね♡     Rosemont公式オンラインストア http://peaksstore.jp/
スイス インターラーケン

スイス インターラーケン

本日はスイスの有名な観光地であり、時計の街としても知られるインターラーケンをご紹介いたします。 スイスのほぼ中心部に位置し、ベルナーオーバーラントの二つの湖(トゥーン湖とブリエンツ湖)に挟まれているインターラーケン。世界最大級の時計・宝飾品の展示会が開催されるバーゼルから電車で約2時間程の距離です。 インターラーケンの標高は570m。山と湖の壮大な自然が一度に堪能できる街で、ユングフラウ、アイガー、メンヒなどのリゾート地への基点でもあります。主要都市空港からの鉄道・道路網によるアクセスも非常に便利で、道中の車窓からはスイスの素晴しい自然を堪能できます。また、ホテル、カフェ、時計宝石店、ファッションブティックなどが立ち並ぶメインストリートもインターラーケンのもう一つの魅力となっております。 人気時計店「Kirchhoffer(キルヒホーファー)」では、カジュアルなものからハイブランドまで幅広い腕時計を取り扱っており、インターラーケンに5つの店舗を構えています。なかには最高約1億円の時計もあるとか。そんなキルヒホーファーで、Rosemontはカジュアルなスイス製レディースウォッチとして人気沸騰中。華奢なデザインで、ジュエリー感覚で身に着けられるRosemont。昨年2013年から販売がスタートし、今では観光客に大人気の腕時計となっています。     ↓↓Rosemont 日本公式オンラインストア↓↓ 本場スイス製の高品質な腕時計をお手ごろ価格でご提供 http://peaksstore.jp/
スイスが時計の本場なのはなぜ?

スイスが時計の本場なのはなぜ?

『時計の本場はスイス』ー よく耳にするフレーズですが、ではなぜスイスで時計産業が発展したか知っていますか? スイスと聞くと思い浮かべるのは・・・チーズ?ハ○ジ?いえいえ・・・そう、自然豊かな美しい高原です!空気と水が澄んでいる高原地スイスは、ホコリ厳禁な精密機械の製造に最適な環境なのです。また、水運も発達していて運送コストを安く抑えることができました。数々の時計ブランドを産み出しているスイス。それにはちゃんと理由があるんですね。 現在もクオリティーの高さで知られるスイス時計。本物志向のファンに高い人気を誇っています。 本場スイス製の高品質な腕時計をお手ごろ価格でご提供☆ http://peaksstore.jp/
時計にまつわるストーリー

時計にまつわるストーリー

【腕時計、女性は平均1〜2本、スタンダードが主流】 機能面、ファッション面の両面側から欠かせない存在の「腕時計」。 手首を華やかにして、華奢に見せる役割としても 必須アイテムです。 さまざまなジャンルのファッションスタイルをする女性は 多数保有していると思いきや、、、。 平均保有本数は、1〜2本と意外と堅実、、、。 「スタンダード」な時計の保有者がとても多く、 ビジネスシーン、プライベート、冠婚葬祭などのすべてのシーンで活躍する オールマイティな腕時計として「スタンダード」が支持されるのは、納得。 とはいえ、女性が心を満たす腕時計への思いは欲張りで、 「スタンダードな中にもきらりと光るセンス」、 「友達が持っているものはイヤ」、 「手首が美しく見えたい」、 「できれば国産よりも欧米ものがいいな」と。 「自分らしさ」、 「差別化」、 「体型もカバー」、 「ステイタス」がキーワードとなっています。