【腕時計、女性は平均1〜2本、スタンダードが主流】 機能面、ファッション面の両面側から欠かせない存在の「腕時計」。 手首を華やかにして、華奢に見せる役割としても 必須アイテムです。 さまざまなジャンルのファッションスタイルをする女性は 多数保有していると思いきや、、、。 平均保有本数は、1〜2本と意外と堅実、、、。 「スタンダード」な時計の保有者がとても多く、 ビジネスシーン、プライベート、冠婚葬祭などのすべてのシーンで活躍する オールマイティな腕時計として「スタンダード」が支持されるのは、納得。 とはいえ、女性が心を満たす腕時計への思いは欲張りで、 「スタンダードな中にもきらりと光るセンス」、 「友達が持っているものはイヤ」、 「手首が美しく見えたい」、 「できれば国産よりも欧米ものがいいな」と。 「自分らしさ」、 「差別化」、 「体型もカバー」、 「ステイタス」がキーワードとなっています。